Sakura塾✿:高校受験専門/枚岡中・枚岡西小・枚岡東小 限定塾

質問:入塾はいつ?

結局、塾はいつ入るのが1番いいの?

 一言で言うならば、早ければ早いほういいです。

 Sakura✿塾は小学6年生になるお子様からお預かりしてますが、それは要するに、中学校で活躍し高校受験で成功するためには小学6年生からお預かりさせていただきたいという思いの表れです。
 ほとんどの子たちが中学生になってからの通塾でじゅうぶんなくらいの力を身につけているのであれば、Sakura✿塾を「高校受験に立ち向かう中学生専門の塾」にしているのですが、残念ながら現実には全体の7割以上の子たちが小学生のうちに中学校で活躍するための基礎力すら身につけることができていません。それは中学校の定期テストの結果から明らかです。しかし、自分(自分の子)がその7割以上の子のうちの1人であったことを中学校の定期テストの結果で初めて知ることが多く、中学生になってから大変な苦労をすることになった子がたくさんいるというのが現状です。
 「とりあえず最初の定期テストまでは様子を見る」という考えはよく耳にしますが、それはオススメできません。大阪府は中学1年生の成績から公立高校入試に影響しますので、中学生になったらすぐに活躍できることが近い将来的にも望ましいからです。Sakura✿塾は、中学生になったらすぐに活躍できるように、「小6枚岡中学校進学コース」で、小学生のうちに中学校で活躍できるだけの基礎力をきちんと身につけます。興味をお持ちいただいた方は詳細をご覧下さい。

 また途中入塾に関しても、入塾してもすぐに結果は変わらないということを必ずお伝えしています。よっぽどうまくいかなければ入塾から1ヵ月で結果が出ることはありません。入塾から3ヵ月を過ぎたくらいから少しずつ結果につながり始めることがほとんどです。
 例えば、何かのスポーツクラブに入会してから3ヶ月で、目に見えるような大きな成果が出るでしょうか?それがどちらかと言えばまれなケースであることは理解いただけることでしょう。それがたった1ヶ月となれば、目に見えるような大きな成果だなんてとんでもない話ですよね。勉強だって、たった1ヶ月やそこらで結果を出すなんてとんでもない話なのです。勉強は確かに努力が成果につながりやすいものとは言えますが、当然ながら成果につながるまでにかかる時間には個人差があります。1ヶ月でうまくいく場合もあれば、1年かかる場合も決して少なくありません。勉強だってスポーツだってなんだって、結果を出したいことには少なくない時間がかかるものです。

 中学校の部活動だって、結果を出したいのは中学3年生の夏だからと言って中学3年生の春に入部するなんてことはありませんよね。結果につながる努力はできるだけ早く始めて、結果を出せるようにひたすら頑張り続けるでしょう。大切なことは、勉強だってスポーツだってなんだって同じです。

a:846 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional