Sakura塾✿:高校受験専門/枚岡中・枚岡西小・枚岡東小 限定塾

特徴:3つの「しません」

Sakura✿塾の定期テスト対策~3つの「しません」~

 よくある定期テスト対策について、Sakura✿塾は、塾生の実力をつけるために、塾生が自学自習を身につけるために、3つの「しません」を実施します。

3つの「しません」①依存しません、過去問

 中学生への学習指導の内容は大きく変わりませんので、どの教科も単元においての学習指導すべきポイントは大きく変わりません。よって、定期テストで出題して確認すべきポイントも大きくは変わりませんから、中学校の定期テストの過去問で出題されている問題と同じような問題は、実際の定期テストでもよく出題されることになります。
 大量の過去問を集めた過去問集を、ひたすらに解きまくる定期テスト対策法がありますが、これこそが前述の、効率よく得点することのみに特化した定期テスト対策です。確認すべきポイントばかりまとまってしまっている過去問集に依存して勉強することは、よく出る200点分ばかりを勉強して70点取るという勉強ですから、できるだけ少ない努力でそれなりの結果を得ようとする実力のつかない取り組み方です。試験前に「過去問が欲しい」という中学生は、「とにかく楽して得点だけ良くしたい」という魂胆が顔に出ています。
 努力を伴わない手法で結果だけ向上させようとするのは、スポーツ選手がドーピングで結果を出そうとするのと同じです。ご存知の通り、競い合うことにおいてドーピングは反則行為です。プリント教材程度に使うのであればともかく、大量使用してしまえば過去問はドーピング教材となるものです。Sakura✿塾は、そんなドーピング教材には依存しません。
 そもそも過去問とは、中学校で学ぶ全範囲が出題される高校入試や、その先の大学入試、資格試験などの、出題範囲があまりに広い試験において、その出題傾向に合わせてより実力を高めるために活用すべきアイテムです。はっきり言って、中学校の定期テスト程度の出題範囲ですらじゅうぶんに勉強できず、過去問に依存しなければならないようでは先が思いやられます。Sakura✿塾は、塾生が過去問に依存しなくていいようにきちんと鍛え上げます。

3つの「しません」②作成しません、予想問題

 予想問題とは、出題されやすい問題を網羅した予想問題集か、出題されやすい問題をまとめた予想テストのことを言います。
 先生が作成した予想問題と同じような問題が実際の定期テストに出題されたことで、塾生に「予想問題と同じような問題が出た!先生さすが!」なんてことを言われて鼻を高くしているケースがあるようですが、予想問題など先生なら作成できて当たり前です。
 定期テストで確認すべきポイントは研鑽を積んだ先生にはわかりきっているのですから、予想問題集であれば8割以上、予想テストでも6割以上の問題は、実際の定期テストと同じような問題になることでしょう。もしそれが作成できないのであれば、それはその先生がただ勉強不足なだけです。
 予想問題の役割は、上述の過去問と大して変わりません。頼ってしまうと実力がつかない、ドーピング教材の一種です。さらに、予想問題から同じような問題が出る率は、たいてい過去問と同程度かそれ以下になります。ですので、予想問題を作成することそのものがほぼ時間の無駄。過去問を配布する方が、作成する時間の無駄がないだけまだマシです。予想問題が唯一役に立つのは、宣伝文句としてだけです。はっきり言って、学校で配布されたプリントやワーク教材のほうが、よっぽど同じような問題(時には全く同じ問題も!)が出ています。
 私たちは塾生のためにならない無駄な教材など作成しません。Sakura✿塾は、予想問題を作成するためにかかる時間と労力は、全て塾生のためになることに使います

3つの「しません」③開催しません、直前日曜日勉強会

 定期テストで塾生に結果を出させるために、普段は休みにしている日曜日に定期テスト直前だけ教室を開けて、勉強会として対策授業や補習を組んでおられる塾はたくさんあります。また、定期テスト日程ギリギリまで補習などを実施する塾もたくさんあります。前提として塾生に1点でも多く得点をとらせるためにやっていることですから、その取り組みは塾生やその保護者の方に大変感謝されることでしょう。しかしSakura✿塾は、原則として直前日曜日勉強会に関しては開催しません。
 Sakura✿塾は対策授業を通して、学習内容だけでなく、自学自習を身につけさせたいと考えています。自学自習を身につけさせるには、何より自学自習に取り組む時間を作ってあげなければいけません。先生があらゆる時間をスケジューリングして対策授業や補習で時間を埋めてしまうと、塾生は自分で考えて自学自習に取り組む時間がなくなってしまいます。それは結果として、塾生の自学自習を身につけるチャンスを奪うことになってしまうのです。
 定期テスト直前の日曜日というのは、定期テスト1週間前から中学校の部活動が活動を休止していることもあって、丸一日を自由に使うことができる特別な日です。1日2、3時間程度であれば、塾のない平日や部活動のある休日でも自由に使える時間をとれるでしょう。しかし、丸一日を自由に使える日は定期テスト直前の日曜日しかないのです。しかもその日は、定期テスト直前なので勉強に対するモチベーションが高まっています。そんな特別な日だからこそ、丸一日自学自習に取り組むために与えることで、塾生が自学自習を鍛えるための最高の一日にすることができます。
 Sakura✿塾は、定期テスト直前の日曜日を家庭学習に8時間以上に取り組む日に設定し、塾生自身で自学自習に取り組む日として与えています。そして、ほとんどの塾生はその家庭学習8時間以上を毎回達成し、大きな達成感と強い自信を得ています。10時間やってくる塾生も少なくありません。
 勉強しかできない塾の中で8時間以上勉強するだけでも大変なことなのですから、好きなように過ごせる家の中で8時間以上も自学自習に使うことは、さらに大変で難しいことでしょう。しかし、塾生が定期テスト直前の日曜日という勉強に対するモチベーションの向上を味方にし、こちらがきちんと自学自習に取り組む時間を与えてあげれば、中学生はその大変で難しいことを達成することができるのです。お子様が初めてこれに取り組んだ姿を見た保護者の方々からは「こんなに頑張っている姿は初めて見た」「きっちり時間を決めて行動していてびっくりした」など、しっかりと自学自習に取り組むことができている姿をご報告をいただいています。
 先生が信じて取り組む時間さえ与えてあげれば、大変で難しい自学自習でも全力で取り組んでくるのです。私たちは、塾生が自学自習を鍛え身につけるチャンスを奪ってしまう勉強会は開催しません。先生が信じて取り組む時間さえ与えてあげれば、塾生は大変で難しい自学自習でも全力で取り組んでくるのです。

a:1262 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional